×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語学習の総合サイト〜指導・無料・教材

英単語・英熟語・英文読解・英文法・英作文・リスニング・英会話

英語学習指導

具体的に、どのような形で英語学習指導の形態があるのか、考えてみます。

英文法

英文法は、中学・高校生のうちは学校や予備校・塾で十分に習うことができます(時にはうんざりするほど)が、

英作文

英作文の指導は、必ずしも多くの教師が得意とするジャンルではありません。日本人教師の場合、人によっては、英作文はまったく担当しないことに決めている(自分で決める場合もあれば、学校・予備校の判断で英作文から外されている場合もあります)こともありますし、担当するにしても、完全な自信は持てていない場合があります。

この原因はやはり、日本人教師の場合ネイティブではないわけですから、よほど英語に習熟している(または完璧に授業の予習をしている)場合を除き、自分の教える英語に100%の自信を持てないからです。

日本人教師の場合、理想としては、ネイティブと組んで教えているのが望ましいです。生徒としても、その場合には教えられた英語が正しいものであると信用して受け入れることができます。

逆にネイティブの教師が一人で英作文の指導をする場合ですが、これにもいくつか懸念はあります。まずは、何語でコミュニケーションするのか、という問題ですね。

そのネイティブの先生が英語しかできないのであれば、すべての説明は英語で受けることになります。その説明をすべて理解し、かつ、自分がしたい質問もすべて英語でできるくらいにすでに英語力が高いのであれば、これでも大丈夫でしょう。

しかし、自分の英語力にまだ自信がない場合には、日本語がある程度正確に話せるネイティブの先生でないと、いろいろと誤解が生じてしまうと思います。せっかく指導してもらって説明をうけたのに、結局誤解してしまったなら無意味になってしまいます。それでは英語力は伸びません。授業中にたくさん英語を聞くので、「なんかけっこう勉強したなあ!」のような気になれるるかもしれませんが、それだけです。

 

英会話

これは日本人教師ではなくて、ネイティブの教師に習うのがふつうです。その際注意するべきことは、ある程度英語力(特に文法に関する知識)を身に付けてからにしないと、間違ったぼろぼろな英語をひたすらしゃべり、「今日もたくさん英語をしゃべったぞ」と満足してしまう悲しいことになりかねない、ということです。

文法は、文の作り方のルールです。その基礎をきちんと身に付けずに、ブロークンな英語をいくらぺらぺらしゃべっても、それは「おれ流」自分勝手英語です。何事においても、ルールを守らない人は迷惑ですよね。

日本人の先生であれば、あなたが完璧に理解できる日本語という道具でもって、間違っている点をわかりやすく説明し、それを克服するためにはどんな英語のルールを覚えなくてはいけないのか教えることができるでしょう。

しかし、ネイティブの先生の場合には、あなたの英語理解力が低い場合には、いくら丁寧に説明してくれたとしても、あなたが理解できない可能性が高くなってしまいます。それに、ネイティブスピーカーは、日本人講師に比べて、文法理解度が低い人が一般的に多いです。

ネイティブスピーカーが英語を話す場合、英語の文法なんてまったく意識しませんからね。私たち日本人が、日本語の文法なんてぜんぜん知らないのに正確な日本語を話せるのと同じことです。

英単語

英検

英語学校に通う

Copyright (C) Koichi Ushioda, All Rights Reserved.
これより下はホームページサービス提供会社の広告です。当ウェブサイトの内容と関連はございません。
本当は誰でもできる最速英語マスター法
留学経験のない私でも英検1級・TOEIC990点が取れた71650円相当の英語教材を完全なリスクフリーでお試ししてみたい方は他にいらっしゃいませんか?

日本人英語はもういい! 英語間違い探しクイズ
日本語で英語を考えるのではなく、そろそろ英語の発想で英語を話してみませんか? 日本人英語を攻略するツボ約600問、音声付で公開中。